終止符

なにかと自らお別れするとき、

 

自分で決めたことだし

次の世界に進むんだし

いままでたしかに毎週のようにあった世界に対して

そこまで感傷的な気持ちになることもないと

自分に気持ちに区切りをつけることができていた

 

 

 

しかしふと

そこで頂いたこのお茶っ葉がなくなったら、

もうこのお茶は飲めなくなるんだ

 

 

 

 

その人たちに定期的に会わなくなる

ということよりも

 

 

そのお茶はたしかに無くなり

もう味わうことが無くなるのだということは

 

わたしを すこし狼狽させた🍵

 

 

 

たかがお茶

されど